廃車の買取王 不動車の不要なガソリンの処分・費用

不動車のガソリンの処分・費用など

ガソリンの処分方法

長年放置していた自動車を久々に乗ろうと考えた時、ガソリンがまだ入ったままだった…。

こういった経験をした方も多いのではないでしょうか?

半年や1年ぐらいでは、ガソリンが腐ることはありませんが、2年や3年ほど経ってしまうと、ガソリンが腐っている可能性があります。

そのため、ガソリンをタンクから抜き、処分する必要が出てきます。

流れとしては、はじめに手押しポンプやガソリンを入れる容器を用意して、車をジャッキアップさせます。

その後、燃料タンク下にあるホース部分のボルトを緩めて、ホースを外す。

ホースが外れたら、外れた部分に手押しポンプを押し込んで、ガソリンを抜いていきます。

ただ、ガソリンは可燃性が高いので、静電気など注意して作業を行って下さい。

自分では出来ない場合

ガソリンスタンドに依頼

もし、ガソリンが自分で抜くことが出来ない場合には、ガソリンスタンドに依頼しましょう。

もちろん、費用が掛かってしまいますが、仕方がありません。

また、ガソリンが腐っているということは、ガソリンタンクも修理する必要があるかもしれません。

  • ガソリンの抜き出し…2000円ほど
  • 廃ガソリンの処分…1缶540円ほど
  • ガソリンタンクの交換…35000円ほど

ただ、そのまま廃車や買取を考えている方は、無理にガソリンを抜く必要はありません。

こういった作業も業者側で行ってくれます。

買取業者を利用するメリット

利点

  • 不動車の高い買取金額
  • 面倒な書類の無料代行
  • 24時間対応した査定フォーム

不動車買取をお考えの方は、こちらの買取業者をを参考にして下さい。

不動車の買取を依頼するには、販売店やオークションなどを利用することが多いのですが、やはり、売るには買取業者を利用したほうが良いでしょう。

また、レッカーなども無料で行ってくれる買取業者も増えています。

不動車の買取・査定依頼を考えているという方は、ぜひ「廃車の買取王」をご利用下さい。

買取業者を利用するデメリット

欠点

  • 下取りすることが出来ない
  • 一部地域では対応外
  • メーカーと比べると信用度が低い

不動車の買取業者を依頼するデメリットとしては、「下取り」することが出来ないことが挙げられます。

あくまで、買取業者なので、自動車を乗り換える場合には、別店舗で購入する必要が出てきます。ただ、販売も行っている業者の場合は、下取りも対応しているので、問題なく売ることが出来ます。

ただ、僻地などでは対応していないことがあるので、念のため確認したほうが良いでしょう。

不動車の買取を考えているという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

廃車本舗

事故車などを廃車に!

  • 廃車・事故車買取に自信アリ!
  • 事故車や不動車も対応
  • 面倒な手続きも無料代行

\廃車にするならこちら!/

一括査定.com

車の一括査定【一括査定.com】

  • 複数業者へ一括査定依頼!
  • 複数査定で高額買取を実現
  • 全国無料出張買取対応!

\お手軽・簡単入力!/

楽天の車買取

楽天の中古車一括査定

  • 楽天の中古車一括査定サービス
  • 楽天ポイントをプレゼント
  • 面倒な手続きも無料代行

\こちらもご一緒に!/

Top
廃車の買取王 不動車の不要なガソリンの処分・費用